02/11/2019 - 17/11/2019

@wbsc   #Premier12  

Hosted by:   JPN MEX TPE KOR

II Premier12 2019 - Official Payoff

2019年 Premier12 前大会を上回る好投・接戦・多くの感動

2019年 Premier12  前大会を上回る好投・接戦・多くの感動
19/11/2019
2019年の投球レベルは2015年よりも大幅に向上し、試合のレベルも増加した。

11月17日日曜日、日本は2019年プレミア12の優勝決定戦で東京ドームを満員にした45,000人近い熱狂的なファンの前で韓国を4対3で破った。この試合は、素晴らしいピッチングと感動的な試合のトーナメント、大成功のプレミア12に終止符を打った。

2015年と2019年のプレミア12の数字を比較すると、1つ明らかなことがわかる。2019年のピッチングレベルは2015年よりも大幅に改善され、全体的な試合レベルも増加したということだ。

2019年のすべての投球の成績は向上したが、特に1つの数字が際立っていた。すなわち 大会のERA(防御率)は2015年から2019年に0.91減少した。前回の大会ではERA 4.37 に対して、2019年のERAの合計は3.46だった。

また、三振の数は、今年のピッチングが前回より優れていることを示している。2015年の統計では、1試合あたり平均14.9、568の三振が記録された(2015年に38試合が行われた)。今年の三振の総数は553(前版より15少ない)であり、1試合平均17.3(2019年は32試合)だった。1試合ごとに2.5の三振が増化している。

一方、結果として、ヒット数は減少した。2015年、投手はゲームごとに17.8ヒット(トーナメントでは677ヒット)を許した。今年、投手はゲームごとに平均14ヒット(合計448ヒット)を許した。全体の打撃平均は.267から.221に低下している。

しかし、ホームラン数はそれほど減少しなかった。2015 プレミア12では、合計58本のホームランが打たれ、ゲームあたり平均1.53本のホームランが打たれた。2019年のプレミア12で、ファンはグループAで、46本のホームラン、1試合あたり1.44本、Charros de Jaliscoスタジアムでは20本のホームランを目にした。

ピッチングの成績が向上した事により、世界中のファンはより多くの興奮と迫力でより面白い試合を見ることができた。また2019年に行われた試合の、スーパーラウンド、3位決定戦、決勝戦の12試合のうちの8試合を含む半分は、3点又は数少ない得点差で決定されている。 

 








Official sponsors

 
Hublot
SSK
 
 
Taisho
wbsc.org
 



WBSC Premier 12 official app