02/11/2019 - 17/11/2019

@wbsc   #Premier12  

Hosted by:   JPN MEX TPE KOR

II Premier12 2019 - Official Payoff

キューバの強打者デスパイネとグラシアルが再来日 NPB福岡ソフトバンクスに合流

キューバの強打者デスパイネとグラシアルが再来日 NPB福岡ソフトバンクスに合流
08/07/2020
デスパイネとグラシアルが日本に到着しこれから2週間自宅待機する。チームへの合流は8月上旬の見込み。

WBSCプレミア12 2019でキューバの強力なラインナップのスラッガー、アルフレド・デスパイネとジュリスベル・グラシアルの両名がこの夏日本プロ野球(NPB)に戻ることをAP通信が報じた。

デスパイネ(34歳)とグラシアル(35歳)は3月にキューバ代表としてアメリカ大陸オリンピック予選に出場するため日本を離れたが、それ以来COVID-19パンデミックの感染拡大でそのまま日本に戻ることができなかった。NPBのCOVID-19対策ガイドラインに従い、二人は日本到着後2週間自宅での待機が余儀なくされる。8月上旬にプレー再開できる予定だ。

アルフレド・デスパイネとジュリスベリ・グラシアルは二人ともMPB3連覇更新中の福岡ソフトバンク・ホークスと契約している。

グラシアル(上写真)は2018年に54試合、2019年103試合出場し、本塁打28を記録した。2019年は日本シリーズMVPに輝いた。

デスパイネは2008年北京オリンピックでキューバの銀メダル獲得に貢献した。2017年140試合、2018年116試合、2019年130試合に出場。日本でのキャリアで合わせて本塁打96を記録した。







Official sponsors

 
Hublot
SSK
 
 
Taisho
wbsc.org