02/11/2019 - 17/11/2019

@wbsc   #Premier12  

Hosted by:   JPN MEX TPE KOR

II Premier12 2019 - Official Payoff

元プレミア12優勝選手ミン・ビョンホンが脳動脈瘤手術

元プレミア12優勝選手ミン・ビョンホンが脳動脈瘤手術
18/01/2021
KBOロッテ・ジャイアンツの主将のミン・ビョンホン(33)は2019年に脳動脈瘤が発覚した。彼の野球人生で初めて今年の春合宿を休むことになる。

2015WBSCプレミア12で優勝した韓国野球代表チームの右翼手ミン・ビョンホンが1月22日脳動脈瘤の手術を行うことを発表した。

脳動脈瘤は動脈壁の脆弱性の脆弱性等に起因する先天的な血管壁が瘤状に変化したもの。

韓国野球委員会(KBO)ロッテ・ジャイアンツの主将ミン(33)は2019年に頭痛が原因で病院を訪れて発覚した。ミンの父親は脳内出血が原因で亡くなっているため、家系からも考慮して手術が勧められていた。

Min Byunghun Premier12 Stats

ミンは2020シーズンは不調だった。2013年から2019年までの打率平均.300以上をキープしていたが、KBOオールスターでは109試合で打率わずか.233だった。

右腕ミンは2021年2月1日から始まる春合宿を休むことになるが、これは彼の16年にわたるプロキャリアで初めてのこと。

ミンはWBSCプレミア12の2大会どちらも韓国を代表した。2015年は出場した5試合中4試合はレギュラー、13打数6安打だった。

2019年大会ではレギュラー右翼手で、二塁打2など23打数5安打で韓国の銀メダルと東京2020オリンピックへの出場権の獲得に貢献した。


Premier12 2019






Official sponsors

 
Hublot
SSK
 
 
Taisho
wbsc.org