02/11/2019 - 17/11/2019

@wbsc   #Premier12  

Hosted by:   JPN MEX TPE KOR

II Premier12 2019 - Official Payoff

WBSCプレミア12 2019オールワールドのショート金 河成(キム・ハソン)がMLB移籍を模索

WBSCプレミア12 2019オールワールドのショート金 河成(キム・ハソン)がMLB移籍を模索
15/10/2020
MLB移籍を目指す有名選手に投手金 河成(キム・ハソン)と羅 成範(ナ・ソンボム)がいる。ポスティングシステムの申請期間は11月10日から12月14日まで。

WBSCプレミア12 2019 でオールワールドに選ばれた韓国野球リーグ(KBO)のスターでショートの金 河成(キム・ハソン)は2021年シーズンにメジャーリーグベースボール(MLB)移籍の道を模索しているという。複数の韓国メディアが報じた。

10月17日に25歳を迎えたキムはプレミア12では8試合中エラーはわずか一つ、打席では27打数9安打 (.333)、決勝では日本の山口俊から本塁打を放った。

キムは現在キウム・ヒーローズで7シーズン目を迎え、リーグのもっとも注目される新人と考えられている。

もう一人のKBO選手でMLBへの移籍を模索しているのは左腕投手梁 玹種(ヤン・ヒョンジョン)と左腕スラッガー羅 成範(ナ・ソンボム)。

ヤンは2015シーズンの前にポスティングシステムに申請したが、彼の球団であるKBOの起亜タイガースはMLBのテキサス・レンジャーズからのオファーを断った。KBOで14年間145勝を挙げた現在32歳のベテランのヤンはポスティングシステムを通す必要はない。

ヤンは WBSCプレミア12 2019で韓国のトップ先発だった、決勝の日本戦を含む3試合に登板した。

31歳のナ・ソンボムはKBOのオールスターに6回出場、ゴールデングローブ賞も受けた内野手のナは2019年に深刻な肘の故障に悩まされた。彼はトップエージェントのスコット・ブラスを介してMLBへの移籍を求めている。ナ・ソンボムは韓国チーム代表として第一回WBSCプレミア12で優勝した。

2020年のポスティングシステムは11月10日から12月14日まで。KBOの選手と契約するMLB球団はKBOに入札金をKBOに払う。







Official sponsors

 
Hublot
SSK
 
 
Taisho
wbsc.org