02/11/2019 - 17/11/2019

@wbsc   #Premier12  

Hosted by:   JPN MEX TPE KOR

II Premier12 2019 - Official Payoff

アメリカの プレミア12投手Tanner HouckがレッドソックスでのMLBデビュー戦で勝利

アメリカの プレミア12投手Tanner HouckがレッドソックスでのMLBデビュー戦で勝利
16/09/2020
右腕投手は5イニングを無失点で投げ、奪7三振、初めてのMLBデビュー戦でマイアミマーリンズに勝利した。

.昨年11月の第2回 WBSC プレミア12でアメリカの野球代表の先発投手 Tanner Houck(タナー・ハウク)選手は、火曜日のボストンレッドソックスでのビッグリーグデビューで、まるでミッドシーズンのベテラン選手のように、90年代半ばに見られたファストボールと壊滅的なスライダーを披露し、相手打者達のバランスを完璧に崩した。

2017 MLBのドラフ一位選手だったHouck(ハウク)選手は、デビュー戦で5イニングを無得点で投げ、2ヒットのみを許し、奪3四球、奪7三振を記録した。彼は、対マイアミマーリンズ戦でボストンに2-0の勝利をもたらした。

「現実は間違いなく全て私が想像した通りでした。」とHouckはmlb.comに語りました。「特に今、私の目的と私の慈善活動のためのプレーは、この経験を得ることに加えて間違いなく自分にとって特別な賞与です。それは…言葉には表わすことができません。」

Houck(ハウク)選手 は、プレミア12 2019 のアメリカ代表からビッグリーガーになった。彼はプレミア12のチームメイト、ボビーダルベック、アレックボーム、ブレントルーカー、ジョーアデル、ダートンヴァルショー、ジェイククローネンワース、JPフェイライゼン、マークペイトン、コーディポンス選手とともに、2020年の短縮シーズン中にMLBデビューを果たした。

レッドソックスのチームメイトの ダルベック選手は、プレミア12でアメリカ代表チームの一塁手として活躍、8月30日にデビューし、それ以来、レッドソックスの歴史で最もホットな6本の本塁打を放ち、ルーキースタートの1つを果した。

Houck(ハウク)選手は、第2回 WBSC プレミア12 2019では2試合でプレーした。彼は、まずグアダラハラ、ハリスコのチャロススタジアムでのオープニングラウンドでメキシコと対戦し、4.1イニングで5安打と3得点を許しながら、6奪三振をとげた。それから彼は東京ドームでオーストラリアとのアメリカのスーパーラウンドの試合で、5イニングを投げ、2被安打、2失点、2与四球、残念ながら両方の試合で負け投手となった。しかしながら、トップクラスの国際トーナメントでは右腕投手は9.1イニングを超える3.86 ERAを記録し、11奪三振を記録した。

アメリカは、3位決定戦メキシコに延長戦で負けた後、第2回プレミア12 2019で4位になり、オリンピック進出を逃した。







Official sponsors

 
Hublot
SSK
 
 
Taisho
wbsc.org